サムネイル




1.

 ・[沖縄県の家]を提示。

家の比較


 ●自分の住んでいる地域の家の作りと似てる?
     なんか、違う!!

<沖縄県の伝統的な家にはどのような特徴があるのだろう?>

 ・資料をもとに違いを見つける(個人) [Jamboardの付箋機能を活用]
    ※以下のようなワークシートをJamboardで班の数だけシートを作成して共有する

Jamboard画面

    家の周りの塀

家の正面のついたて(ヒンプン)

   しっくいでとめたかわら     

   家の周りに木(ふくぎ)

   一階建て

   玄関がない

   大きな窓           

   家が白い

   屋根の上に貯水タンクがある  
 

 ・交流する(他の班のページを見に行く)


 ●なぜこのような違いがあるのだろう?(オクリンクで予想を提出ボックスに提出[制限時間4分])
  ・共通点、疑問点、反論をノートに整理

 ・交流(黒板には「台風対策」「暑さ対策」「水不足対策」の3つにさり気なく整理※明示しない)

   台風対策:台風が多いから、頑丈な家にして、防風林や石垣で囲って家を守っている

   家の周りの塀

家の正面のついたて(ヒンプン)

   しっくいでとめたかわら     

    家の周りに木(ふくぎ)

    一階建て

   暑さ対策:一年を通して暑い地域だから、風通しをよくするため

   玄関がない

   大きな窓           

   家が白い

   水不足対策:雨は多いが島自体が小さく、川が短いのですぐに海に流れてしまい、水不足になる

   屋根の上に貯水タンクがある   

 

 まとめ:沖縄の家は、台風や暑さ、水不足に負けない家。つまり、沖縄の気候に合わせた家になっている。(対策)

  ●「台風がたくさんきて、一年中暖かくて、水がない。」こういう気候、この3つの中で“沖縄ならでは”の気候ってどれだろう?

    一年中暖かいということ

※「水不足」と出てきたときは、「沖縄の降水量はそれなりにある。それでも水不足になるのはまた別の問題だから、“気候”の特徴とは言いにくいんだ」と流してください。

※「台風が多い」と出てきたら、実は九州や四国もしょっちゅう台風来るし、石川県だって台風来ることもあるでしょ?と“沖縄独特”のものではないと諭してあげてください。

≪一年中温かい気候を沖縄の人達はどのように活かして生活しているのかな?≫



 2.

  ・復習

   家の特徴:台風・暑さ・水不足という沖縄の気候の特色に対応した家作り

 ●この中で沖縄の一番の特徴と言えば?

   一年中暖かいということ

  <沖縄の人たちはこの“一年中暖かい”気候をどのように活かしているのだろう?>

   ・予想(オクリンクで予想を提出ボックスに提出[制限時間4分])

 ・共通点や疑問点、反論をノートに整理[制限時間4分]

    ・交流

     観光業農業という視点が出てくるかと思います(「海津市」の既習より)

   ・調べる

     観光業

      リゾート開発

     農業

      特産物

       さとうきび ⇒ 「沖縄の宝」と呼んでいる

                 ※次の時間の布石になるので、確実に押さえておく

       パイナップル

       シークワーサー

       マンゴー

       菊
 

・まず、農業についてくわしく調べていこう。そして、その後、観光について調べていくよ。(これからの見通しを持たせる)

 

 

~農業編~

3.スライド1(小さい)

復習

  農業

   特産物

    さとうきび ⇒ 「沖縄の宝」と呼んでいる ※これを強調しておく

    パイナップル:国内産のほとんどが沖縄県産

    シークワーサー

    マンゴー

    菊

 

  ●「沖縄の宝」ってどういう意味やと思う?

     たくさん作っているという意味じゃない!?

 

  ・それぞれの農産物の[特産物ランキング]を提示

    ※そのとき「シェア率」に着目させ、

マンゴーさとうきびパイナップルシークワーサーの順で紹介

スライド2
 

(マンゴーのシェア率(53%)を確認した後)

●「沖縄の宝」と呼ばれている「さとうきび」は何%ぐらいかと予想させる

   60%

     あんまりマンゴーと変わらんな・・・

 (その後、パイナップル(100%)やシークワーサー(99%)を提示すると・・・)

スライド1

   むしろ、パイナップルとかの方が「宝」じゃない!?!?

 


<シェア60%程度のさとうきびが「沖縄の宝」と呼ばれているのはなぜ?>

   ・予想(オクリンクで予想を提出ボックスに提出[制限時間4分])

・共通点や疑問点、反論をノートに整理[制限時間4分]

   ・交流

 

   ・検証→[”さとうきび”が「沖縄の宝」と呼ばれるわけは!?]配布

                  ・作付面積が非常に多いこと

                  ・さとうきび農家の割合が高いこと

               ・沖縄県の農産物の収入の1/5を占めていること

               ・国内シェアでもトップを占めていること

                         沖縄県民の大半の生活がこの“さとうきび”で成り立っているから

 

 

4.スライド1(小さい)

  ・菊についての情報を与える。[菊の種類]を提示

スライド1スライド2
スライド3スライド4

    ※このときに、共通点が2つあるから、それを探すように指示を出しておく。

  共通点は何だと思う?

スライド5

    ・全て菊であるということ

    ・旬の時期が全て5,6月と10,11月であるということ。

  ●どこで作られてると思う?

  ・[生産量ランキング]を提示

4.<どうして沖縄で菊を作っているんだろう?>

  ・1位の[愛知県の雨温図]と3位の[福岡の雨温図]を提示

スライド7

菊の旬の時期の気温が似ていることを確かめる。

   (菊に最適な温度は15℃~25℃程度なんだということを合わせて確認)

  ・[沖縄県の雨温図]を提示して、違いを見つける

スライド8

       沖縄の気温は似ても似つかないことに気づかせる。

 <気候が全然違うのに、どうして沖縄で菊を作っているんだろう?>

  ・予想(3ヶ所の雨温図を印刷・配布して予想のための資料とする)(オクリンクで予想を提出ボックスに提出[制限時間4分])

・共通点や疑問点、反論をノートに整理[制限時間4分]

  ・交流

  ・調べる

  [菊の出荷時期]から、冬にたくさん作っていることがわかる。

 ●どうして沖縄は冬に菊を作っているの?

   他の地域では寒くて作れないが、沖縄は冬も暖かいから、他の地域では作れない時期に作って儲けようとする作戦

     (菊はお葬式などにも使われる花で、一年中需要がある花ということも補足しておくと良いかも)

  ・気温は大丈夫だけど、日照時間は冬だから足りない。冬に花を咲かせるためにどんな工夫をしていた?

      電灯をつかって、日照時間を調整している。「電照菊」と呼ばれることもあるよ。
沖縄 菊栽培(夜)

  ●他の地域でも、電気を使って、暖房で温めれば作れるのに、作らないわけは?

     暖房代がかさんでしまって、もとが取れない。

     温かい沖縄だからこそ、できることなんだ!

 

  ・まとめ

    沖縄では冬でも暖かいという気候の特徴を活かして、他の地域ではできない冬の菊栽培をしている。その工夫として、電灯を使っている。

 

 

~観光編~

5.スライド1(小さい)
[観光でいきたい県ランキング][観光客数推移]を提示
5.<観光客が沖縄に惹かれる魅力は?>
スライド18


 <観光客が沖縄に惹かれる魅力は?>

  ・予想(オクリンクで予想を提出ボックスに提出[制限時間4分])

・共通点や疑問点、反論をノートに整理[制限時間4分]

  ・交流

  ・調べる(2~3分)

   [沖縄観光パンフレット]配布・提示

    沖縄には他にはない気候だけでなく、豊かな自然や文化がたくさんあるからだ。

      沖縄の自然ってめっちゃ綺麗やな~ってことをしっかり押さえてから次の発問へ!

  「豊かな自然」というが、これは本当の意味での「自然」なの?

※ここで言う“自然”は実は完全な自然ではなく、観光しやすいように人間が加工している(手を加えている)ということを確かめておく(観光開発)

実は、自然を見せるために自然を壊しているという現状がある。

(例)

観光開発例



6.スライド1(小さい)

 ・復習

豊かな自然や文化がたくさんあるからたくさんの観光客がやってくる。

スライド4

・観光客は“自然”を見に来る。でも、その観光客のために「観光開発」をして“自然”を壊している現状がある。どう思う?
スライド2

スライド3




 ・沖縄の産業のうちわけを紹介
2

https://www.pref.okinawa.jp/site/kodomo/sangyo/uchiwake.html

<観光開発のために沖縄の自然を破壊することについてどう思う?>

   ※今回の課題については、答えがないということを予め言っておくと安心して考えられると思います。

・自分の考えをもつ(オクリンクで「肯定(赤)」と「否定(青)」カードを提出させる)

・意見は口頭で討論 ⇒ 石川県に住む自分たちの結論を出す。

  仕方の無いこと(肯定的)                 ダメだと思う(否定的)

 

●沖縄の人はどう思っているのかな?出身のBIGIN「島んちゅぬ宝」の歌から考えてみよう。
  ※このような歌詞付きのものが良いかと思います。


何が合っているのかはわからない。でも、間違いなく言えるのは、

観光業があっての沖縄県。それがなくなると、沖縄の人達の生活ができなくなる。

   

 これをしっかり押さえておく。これが次の時間の布石になります。

    ※でも、これは沖縄の人全員の意見ではなくて、あくまでもBIGIN個人の意見だということは確認しておく

・自分の今の考えを“ふりかえり”としてまとめさせる。

 

 

7.復習:温かい気候

     首里城

サンゴがきれい など → 観光客がくる

・観光客が目当てにしているものの一つが「珊瑚」であることを紹介。[プレゼン]

スライド1

 ・珊瑚が減ってきたのに、2009年を境に復活した。([プレゼン(グラフ)]
スライド7


 ・そこには金城さんが珊瑚を守りたいと立ち上がったことが理由。

※金城さんはサンゴを守り、増やすために仕事をやめて、借金まで抱えてサンゴのために人生をささげた。→映画「てぃだかんかん」になっている。
スライド8


  ・でも、珊瑚を守りたいと立ち上がったのは金城さんだけではなかったことを紹介

[沖縄のサンゴを守る人々]

スライド9


 <そこまでして、サンゴを守ろうとするわけは?>

 ・予想(オクリンクで予想を提出ボックスに提出[制限時間4分])

・共通点や疑問点、反論をノートに整理[制限時間4分]

  ・交流

「壊れた自然を戻したい」という流れになると思うので、そのときに『その目的は?』と突っ込んでいます。

前時までの既習がうまく機能すれば、「観光客を呼ぶためだ」という結論に至るかと思います。

 

 ・調べる[インタビュー映像(3分程度)]
  外部サイト:http://www.okinawastory.jp/special/coral/interview.php


最大の目的は沖縄の自然を守りたい!ということだったんだな。その結果として、観光客が増えていることにつながっているということに過ぎないんだな。

   「観光客呼びたい自然を守ろう」ではなくて、

「自分たちの故郷の自然を守ろうそれを見に観光客が来る」

 

 

8.≪一年中温かい気候を沖縄の人達はどのように活かして生活しているのかな?≫(まとめ)

・ムーブノートに自分なりの結論を書く(10分)

・広場に提出させて、交流する。

  納得できた結論には「いいね!」ボタンを押させる

   ※このときに広場の「氏名を非表示にする」設定にしておくと、平等に評価できると思います。

 



  次の単元

2021年度ver.
   




  前の単元 

2022年度ver.