サムネイル



1.<日本の気候にはどんな特色があるのかな?>スライド1(小さい)

 ●いつの写真なのかを考えながら見てね。(絶対に声は出さないで!)

   ・[沖縄の4月][北海道の4月][石川の4月]を順に提示

スライド5

 ●それぞれ、いつの写真だと思いますか?そして、そのわけは?

   ・冬:雪     春:桜     夏:海

 ・日本はこのように四季があるというのが特徴。(ちなみに、四季がない国もある。(シンガポール))

 ・正解発表。「全て4月です。もちろん全て日本です。」

 ・それぞれ、どこの4月の写真だと思うか考えさせる。

(北海道・石川・沖縄から選んで、そのわけも)

 ・まとめ:日本の気候の特徴は、「四季」があるということ。そして、同じ時期でも地域ごとにとても大きな気候の差がある。

 

 ・次時へつなげる(次の時間では間に合わないと思うので、配ってしまって宿題にさせると良いと思います)

   気温・降水量グラフの見方の確認

   [気温・降水量仲間分け]のワークシートを配布し、気づいたことを書かせる。

(↑※おそらく、この作業がかなり時間かかると考えられます。いつも20分ぐらいかかります。)

 

 

2.<日本の気候には地域ごとにどのような違いがあるのかな?>スライド1(小さい)

 ・気づいたことを交流する

     オクリンクの提出ボックスで共有

        共通点(グルーピング)・疑問点をノートにピックアップ
    (オクリンク活用の詳細はコチラの記事をご覧ください)


気温雨量を意識して区別しながら板書する)

(黒板には大きな日本地図を配置して、以下のように整理していくと分かり易くなります)
板書整理アイデア(気候)
 結局、日本の気候はどんな特色があると言えば良いかな?

気温:南が暖かい、北が寒い

雨量:日本海側は冬に降水量が多くて、太平洋側は夏に雨が多い地域だ。(太平洋側気候・日本海側気候)

 

 ・今日は気温から考える。(降水量は次の時間に)

   どうして日本は地方によってこれだけの違いが発生するの?

   「南北に」細長い国だから。(※実は日本は世界でも6番目に長い国)

   なぜ南の気温が高くて、北の気温が低いの?

     赤道に近い方が暑くて、極地に近い方が寒いから。

(ということは、NZなどの南半球の国はどうだと思う? ※北が暑くて南が寒い)

 ・検証([パワポ]で検証)

   「南北の長さ」が気候の差を生むのかどうか…

  [アメリカの各地域の4月の比較]で検証。

スライド4

※東西の距離がかなりあるが、ほぼ同じ。=「南北の長さ」が正しかった。


   「赤道」に近い方が暑くて、極地に近い方が寒いのかどうか…

  [NZの各地の4月の比較]で検証。

スライド6

※やはり、北部が暑くて南部が寒かった。(服装でわかるかと思います)

 ・まとめ

   気温  日本は北が寒くて南が暑い

   降水量 太平洋側は夏に多くて、日本海側は冬に多い

 

 

3.<太平洋側の気候と日本海側の気候で、どうしてこのような違いができるんだろう?>

 ・予想

     オクリンクの提出ボックスで共有

        共通点(グルーピング)・疑問点をノートにピックアップ
    (オクリンク活用の詳細はコチラの記事をご覧ください)


 ・交流

   かな

   山地などの地形が関係しているのでは?

 

 ・調べる

   台風:南から来る台風によって、南西諸島は夏から秋にかけて降水量が多くなる。

   季節風:冬は日本海側(北西)から強い季節風がふき、水分を多く含んだ風が山地にぶつかり、雪をふらせるから、日本海側は冬に降水量が多くなる。

夏は太平洋側(南東)から風が吹くため、夏に降水量が多くなる。

(このメカニズムは、調べただけでは理解できないと思うので、授業者が全力でメカニズムを説明してあげて下さい)

※「雲をバケツと見立てて…山にぶつかってこぼして…もう中身空っぽだよね」と説明してあげると分かり易いかもしれません。

  つまり、地形と(季節)風が関係していたんだな。

 



時間が余れば…(活用問題チャレンジ)


4.

・復習

気候は「地形」と「(季節)風」が関係していた。

・【日本の地形図】を配布
日本の地形図

<日本の中で年間通して降水量が少ないのはどこらへんかな?>

・考える(ムーブノートのスタンプ機能と理由(コメント機能)を使う)
   ※以下の画像のようなワークシートをミライシードのムーブノート上で作成してください。

ムーブノート画面


・考えたことを交流する(ムーブノートの“みんなの広場”で、「なるほど!」と思ったものに“いいね”を押そう)

・みんなの意見を受けて、結論を出して、理由と共に交流

・検証(【日本の気候区分】で検証)
kikoukubun


  長野付近や瀬戸内、北海道が少ない!(四方が山で囲まれているから)

    

 

 

  次の単元

2021年度ver.
  




  前の単元 

2022年度ver.