サムネイル


明日からいよいよ新年度
担当クラスがわかると同時に、公務分掌も確定して、
中堅教員は年度初めに色々な提案書類を作り始めますよね。



でも、この校務分掌っていうのがクセ者で、

年齢や経歴を重ねるごとに、
校務分掌ってどんどん増えていきますよね。

 

 

そうなると、当然増えてくるのが、
終礼(週2回程度の職員室での簡単な打ち合わせ)のための資料など、職員会議の議件のような“ちゃんとした”提案だけでなく、
ちょっとした“提案資料”“打ち合わせ資料”作ることが増えていきますよね。

 

 

 

私も色々作っているのですが、

私が作った資料は、たとえその資料の中に「たのけん」という名前を入れていなくても、

たのさんが作った資料やって、すぐわかるわ!」とよく言ってもらえます。
(もちろん、”いい意味”で言ってくださっている…と思ってます(笑))

 

 

 

それは、資料を作るときに他の人があんまりしていない

ちょっとした工夫をしているからだと思います。

 


 

私の資料作りをするときに、2つのことを意識して作っています。

 

1つ目は「わかりやすさ」 で、

2つ目は「埋もれにくさ」 です。

 

 

 

まずは、「わかりやすさ」について。

 

多くの先生たちが作る資料って、フォントが明朝なら明朝。ゴシックならゴシック。と“統一感のある資料”をよく見ますよね。

 

フォントを揃えると、見た目が美しく感じるので、洗練された資料っぽく見えます。

でも、あれって、何が大切なのか何を確認したいのかはっきりしない場合が多いなと感じます。

 

つまり、読んだ先生の意識によって、大切だと判断するところが微妙にずれていたりするわけです。


実際、私の学校は職員40人弱の大きな学校なのですが、

大きな学校になればなるほど、

「せっかく丁寧に提案して、直前終礼で説明までしたのに、足並みが揃わない…」という結果になりがちなんですよね。

 

 

 

では、どうすればいいのか。

色々な提案文書を作りながら、「みんなが揃うかどうか」をチェックしながら改良していって行きついたのが、

フォントを使い分けるということでした。

 

 

私が作る資料はこんな感じです。

4



 

これだと、「どこを揃えるのか」ということが一目瞭然ですよね。

全部を細かく読まなくても、

大事なところというか、揃えたいところ/確認したいところが、

“なんとなくわかってしまう”

 

これが「資料」を作る上で大切な「わかりやすさ」だと思って資料を作っています。

 

 

みなさんも、“真面目な”資料から一歩外れた資料を作ってみてください^^

「こんなに簡単に足並みを揃えることができるんだ!」って感じると思いますよ^^

 

 

 

 

そして、2つ目の「埋もれないようにすること」とはどういうことか。

 

職員室の机上には、1日経つと、それこそ色々な資料が置かれていきますよね。

 

でも、実際はその置かれた資料の中で本当に必要なものと、ただのお知らせと、何ならこれ要る!?と思うような資料もあったりしますよね。()

 

それって、他の人にとっても同じだと思うんです。

 

 

だからこそ、資料をパッと見て、「これは大事だ!」と思ってもらう必要があるんですよね。

 

 

そこで、私は何をしているのかというと、

「アイコン」を使っています。

 

 

例えば、職員会議運動会の提案をしたときの資料には、こんな感じのアイコンを出して提案します。

そうすると、「運動会=リンカーン」という認識をしてもらえるようになります。

1

 

 

 

こうなったら、後は終礼資料などを作るときに、

「リンカーン」のアイコンを入れておくと、一目で「運動会の資料だ!」=「大事な資料だ!」と認識してもらえるようになります。

 2

 



先ほど紹介した終礼資料にも同一のアイコンを入れることで、
「これは6年生を送る会の資料だ!」と、先生たちに一目で気付いてもらいやすくしています。
4 3



 

 

 

以上の2つの工夫は、

正直、どちらも小さい工夫かもしれませんが、

”共通認識・共通実践”をしてもらうための資料作りとして

思っているよりも大きな効果を得ることができますよ!

 

 

 

 

 

みなさんも、来年度、騙されたと思って、やってみてください^^