サムネイル



いよいよ、もうすぐすれば4月。

 

 

出会いの時期ですね。

 

 

学級担任になった先生は、

これからの一週間、色々な準備に追われる時期かなと思います。

 

 

 

そこで、

担当クラスや学年団が内示された直後から

ちょっとでも効率よく準備をして、
クラスが始まった後も楽ができる仕事を5つ紹介します!

 

 

 

1.“名簿”の作成

まず私の場合は、学級事務の最初の仕事として、名簿作りから始めます。

多分、ほとんどの先生がそうだと思います。

でも、私の場合は“名簿”は名簿でも、いわゆる“名簿”だけでなく、

クラス発表用の名簿も作っちゃいます!

でも、この二つを作るって、意外と時間かかるんですよね。

 

だから、この「たのけん流らくらく名簿作成ファイル」で、一気に作っちゃいましょう!

 

このファイルは全クラス分を一気に作れるようになっているので、

「学年分」作っちゃいましょう!それでポイントゲットです^^()

 

 

ついでにこんな座席表まで合わせて

クラス発表の30分後までに作ってしまえば、もう神へと昇華されます()
 ※画像をクリックすると、Wordデータをダウンロードできます。

1

 

 

 

2.宿題チェックバーコードシステムの準備

名簿が作成出来たら、

今度は日々の学級事務を効率化するためのシステム作りです!

学級担任の毎日の学級事務と言えば、子どもたちの宿題チェックですよね。

 

宿題の中身のチェックは教師がするしかないのですが、

 

誰が出したのか、直しが必要なのは誰なのか、直しができたのは誰なのか…

毎回名簿に転記して、声かけるのも良いですが、

ここの部分を効率的にできると良いですよね!

 

このような事務的な仕事は、Excelとバーコードリーダーで一瞬で片づけてしまいましょう!

そして、浮いた時間を子どもたちとの時間や教材研究や授業準備、その他の学級事務、公務分掌に使いましょう^^

 

フルバージョンで使いたい!Excelコチラをご覧ください!

 

 

Chromebook使いたい!スプレッドシート版コチラをご覧ください!

 

 

 

3.成績処理ファイルの作成

普段の授業でとった記録(50m走のタイムなど)を記録と同時に成績化して、

掲示物まで自動で作成するための準備をしましょう。

 

手順は簡単!

1.で作った名簿をこのファイル貼り付けるだけ!!
           ↓
※このファイルの具体的な使い方はコチラの記事をご覧ください。

 

これで、普段の掲示物・学期末の通知表を作るための成績処理爆速化することができます^^

 

 

 

 

4.欠席者への連絡カード印刷

欠席した子に次の日の予定や宿題を伝えるためのカードです。

音読カードや、体育の練習用カードなどはインターネット上に色々あるのですが、

意外と欠席者への連絡カードって、意外となかったりするんですよね。

 

自分はこんなものを作ったので、もし良かったら使ってください。
 ※画像をクリックすると、PDF版とWord版をダウンロードすることができます。

3

 
※実は、このカードを子どもたちに紹介するときに一工夫すると、子どもたちが色々考えて動けるようになるので、結果的に担任の負担が減るというメリットもあるんです!
 具体的な使い方はコチラの記事をご覧ください!


 

 

 

5.音読カードの印刷

「音読なんていらない!」と思っている先生もいらっしゃるかと思います。

 

私もかつてはそうでした。

でも、この本と出会ってから、「音読にはなかなかの可能性がある!」ということを知ることができました。



 

でも、

しかも、例えば「大きな声で」とか「感情をこめて」みたいなチェック項目があったりするような定番の音読カードでは、

なかなかのペースで音読カードが消費されてしまうので、その補充という絶妙な手間のかかる仕事に悩まされます。

 

そこで、考えなくてはいけないのは、果たしてそのチェック項目は必要かということです。私の場合は、それは必要ないと判断したので、全部なくしました。

 

 

そして、完成したのは、一か月に1枚しか使わない、「カレンダー型の音読カードです!
 ※画像をクリックすると、Excelデータをダウンロードできます。

 2

これを作ったのは4年前で、最初は私のクラスだけが試しに使っていたのですが、

評判が広がって、今では私の学校の高学年の全クラスがこれに置き換わっています。

 

 

これを使うことで、1学期の最初に印刷すべきなのは、

クラスの人数×4ヶ月分だけで済んじゃうので、学期はじめに印刷してしまえばそれでOK

もし、4月に1年分を印刷してしまえば、もうその年度は「音読カードの印刷」という仕事がなくなってしまいますよね。

 

 

 

 

 

また、4年生以上の担任の先生になった方は、このサイトで、社会科の全ての単元の指導案授業で使うパワーポイントの資料などを無料公開しているので、興味があったら見て見てください。

 

 

このサイトのものを”たたき台“にして教材研究を”自分流“にアレンジしていただいてもOKですし、そのままを使っていただいてもOKです!

 

 

 

 

 

また、すてきな一年になることを祈っています!

お互い、頑張りましょう♪