サムネイル2


私のクラスはバーコードで宿題を管理しています。

参考記事


そして半年前ぐらいに使っていたTera製のバーコードリーダー(バーコードスキャナ)
とうとう壊れちゃいました。


こう見ると、だいぶ汚れましたね。よく頑張ってくれました。
PXL_20220228_000640079



買い直そうと見てみると、私が買ってたときよりも値段がかなり上がってる!!!




どうせなら違うものを試してみよう!と思っているところ、

私の後輩がこのバーコードシステムを使ってくれているのですが、
その子が「これ、安くてこのシステムで作ったバーコードにちゃんと反応してくれるので、良いですよ!」と紹介してくれたのが、
Symcode製のバーコードリーダー
PXL_20220228_000631338




それからはこのSymcode製のバーコードリーダーを使っていたのですが、


確かに悪くない!!



ただ、Tera製の方が…っていう点もあるので、

ここでそれぞれの特徴を紹介しようと思います。

※といっても正式なものではなく、あくまでもTeraとSymcodeの2つだけを比較しながら、私の主観に基づくものですが…(笑)




まずは、

最初に使っていたTera製バーコードリーダーの良さついて。



これの良さは、なんと言っても読み取りスピード
連続読み取りモードがあるので、
ノートのバーコード部分を並べて…
PXL_20220228_000428925



トリガーを引きながら、ザッと読み取れました。

それこそピーッと一気に読み取れるので、
滅茶苦茶速い!


それこそ、1秒以内に何冊読み取れるんや!?ってぐらいのスピードでした。




それに対して、Symcode製のものは、
一回一回読み取るごとにトリガーを引き直さないといけないので、
何冊も…となると、
引き金を引きまくらないといけないという感じ。


しかも、バーコードの印刷がかすれてたりすると
なかなか読み取ってくれない!ってこともたま〜に

ここが、安さゆえの欠点かもしれませんね。




じゃあ、Symcode製のものはダメなところばかりかというと、そういうわけではありません。





Symcode製バーコードリーダーの良さは何か



それは、読み取ったときに音を出さずにバイブレーションで伝えてくれるという点です。

Tera製のものは読み取る度に「ピッ」と音が出るので、
子どもたちがテスト中で静かなときに読み取ったりすると、
子どもらが一斉にモニターを見るという珍百景的な光景になっていたのですが、


Symcodeのものは起動のときだけは「ピロロン」って音が鳴るのですが、
それ以降は音が出ず、振動で教えてくれるので、
子どもたちの気が散らないという良さがありました。




つまり


Tera製のバーコードリーダーは、
ちょっと値段が高いし、音が毎回鳴るけど、
読み取りの速度や精度が高い製品。

Symcode製のバーコードリーダーは、
読み取りのときにトリガーを引きまくらなアカンし、精度もほんの若干劣るけど、
安いしバイブレーション機能がある製品。


PXL_20220228_000742471



どちらが良いか、考えるときの参考になればと思います。